M&Aをわかりやすく

「デュー・デリジェンス」とは

【執筆】株式会社M&Aフォワード
※ 事業承継・M&Aに関する用語について、わかりやすく解説しています 
わかり易さを重視し厳密さを犠牲にしているため正式書類への引用は不向きです

「デュー・デリジェンス」とは

デュー・デリジェンス(Due Diligence)とは、基本合意書の締結後、最終譲渡契約締結前に、それまでやり取りしてきた情報の正確性の確認とその時点で把握できていないリスクを把握することを指します。

デュー・デリジェンスは、「D」ue 「D」iligenceの頭文字をとって、「DD」と略される場合も多いです。


なぜ、最終的な段階に至ってからデュー・デリジェンスが行われるのでしょうか?

M&Aの交渉においてはスピードが重要視されます。だらだら交渉を続けていると業績が想定よりも悪化、またはよくなったりもしますし、そもそもブレーク(破談)してしまうこともあるのです。

ですから基本的に提出された情報などが正しいことを前提に進めます。そして最終的な契約の準備が整った段階でこれまでの情報や書類を専門家と共にまとめてチェックするのです。

デューデリジェンスには、財務、法務、ビジネス、税務、環境、ITの6つの種類が存在しますが、かならずしもこれら全てを行う必要はありません。

事業承継・M&Aのご相談は、M&Aフォワードへ

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

事業承継/M&A(事業や会社の売却・譲渡)をご検討中の方へ

主な取り扱い事業 

Mobirise

医療・介護

医療・介護施設の売却・譲渡

Mobirise

調剤薬局

調剤薬局の売却・譲渡

Mobirise

保育事業

保育事業の売却・譲渡

Mobirise

不動産・建築等

不動産・建築業の売却・譲渡

Mobirise

食品関連企業

食品関連企業の売却・譲渡

Mobirise

弁護士・税理士等
士業

士業事務所の売却・譲渡

Mobirise

IT企業

IT企業の売却・譲渡

Mobirise

サービス業

サービス業の売却・譲渡

主なサービス内容

M&A仲介
M&Aアドバイザリー
Mobirise

 

各種事業お取り扱い中です。お気軽にお問い合わせ下さい。

M&Aフォワードなら、お客様の会社に最適な事業承継の方法、M&A戦略が見つかります。

  • Diners Club
  • Discover
  • Bitcoin
  • Western Union
  • JCB
  • Stripe
  • Amazon
  • Ebay

企業の買収を検討中の方はこちらのボタンで専用サイトへ 

事業承継・M&Aのご相談は、M&Aフォワードへ

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

オフィスへのアクセス

東京駅直結。お気軽にお問合せの上、お越しください。

© 株式会社M&Aフォワード
All Rights Reserved