M&Aをわかりやすく

「M&A」とは

【執筆】株式会社M&Aフォワード
※ 事業承継・M&Aに関する用語について、わかりやすく解説しています 
わかり易さを重視し厳密さを犠牲にしているため正式書類への引用は不向きです

「M&A」とは

M&Aとは、Mergers&Acquisitionsの略です。「M」ergers「&」「A」cquisitionsで、M&Aですね。

 一般的には会社もしくは事業の経営権の取得を伴う合併・買収・分割・提携(会社分割・株式交換・株式移転・合併・事業譲渡・株式譲渡・新株引受など)を指します。

 わかりやすく言うと、ビジネスの売買だったり、複数のビジネスを1つに統合するための手法だったりします。

 売り手の企業としては事業の継承や資金調達など自社の生き残りを目的にすることも多く、また買い手の企業としては事業規模を広げる目的で行ったり新規事業を戦略的に行うなどのために実施されることが多いです。
 近年では中小企業において事業継承の問題を解決するためにM&Aを行うことが多いです。

 背景には高齢化や職業選択の多様化によって後継者不足に悩まされていることが一因として挙げられます。しかしこれまで蓄えてきたノウハウや実績がなくなることは経営者にとって残念なことで、企業をたたむことは従業員や取引先にも影響を与えることになります。日本の経済を支える中小企業がこのように連鎖的に減っていくことは大きな損失です。

 2000年代初頭、不況から大手の企業同士のM&Aが盛んに実行されM&Aの有効性が広く知れ渡るようになりました。1997年の独占禁止法改正による持株会社の解除、1999年の株式移転・交換制度、2001年の会社分割の制度や組織再編の税制、2002年の事業再生関連の制度が整備されたことなどにより、上場企業の間で再編が進んでいきました。


【M&Aの簡潔な流れ(M&A仲介会社を利用する場合)】

 M&A仲介会社との個別相談などを行い、売り手企業と買い手企業のマッチング、提案資料作成、ノンネームシート作成、ネームクリアを経てのトップ面談、基本合意契約書の締結、デューデリジェンス(due diligence、DD)の実施、企業価値評価(バリュエーション)を経て、M&Aの最終譲渡契約書の締結をする流れとなります。

 M&Aは自力で行なうこともできます。ただ、税務や法務の専門的知識が必要で、自力で交渉を進めていくことはなかなか難しいかもしれません。従って多くの場合、M&A仲介会社・M&Aコンサルティング会社・M&Aアドバイザリー会社などがM&Aの手続きをサポートする場合が多いです。

事業承継・M&Aのご相談は、M&Aフォワードへ

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

事業承継/M&A(事業や会社の売却・譲渡)をご検討中の方へ

主な取り扱い事業 

Mobirise

医療・介護

医療・介護施設の売却・譲渡

Mobirise

調剤薬局

調剤薬局の売却・譲渡

Mobirise

保育事業

保育事業の売却・譲渡

Mobirise

不動産・建築等

不動産・建築業の売却・譲渡

Mobirise

食品関連企業

食品関連企業の売却・譲渡

Mobirise

弁護士・税理士等
士業

士業事務所の売却・譲渡

Mobirise

IT企業

IT企業の売却・譲渡

Mobirise

サービス業

サービス業の売却・譲渡

主なサービス内容

M&A仲介
M&Aアドバイザリー
Mobirise

 

各種事業お取り扱い中です。お気軽にお問い合わせ下さい。

M&Aフォワードなら、お客様の会社に最適な事業承継の方法、M&A戦略が見つかります。

  • Diners Club
  • Discover
  • Bitcoin
  • Western Union
  • JCB
  • Stripe
  • Amazon
  • Ebay

企業の買収を検討中の方はこちらのボタンで専用サイトへ 

事業承継・M&Aのご相談は、M&Aフォワードへ

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

オフィスへのアクセス

東京駅直結。お気軽にお問合せの上、お越しください。

© 株式会社M&Aフォワード
All Rights Reserved