調剤薬局のM&Aは、M&Aフォワードにご相談下さい

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

調剤薬局の経営者の方へ


薬剤師不足・後継者不足による事業承継問題、
調剤報酬の抑制による収入減、
大手調剤チェーンとの競争激化など・・・
お困りではありませんか?


経験豊富な専門アドバイザーが約成立まで完全サポート
調剤薬局の売却・譲渡契を完全成功報酬型のM&A

調剤薬局のM&A

現在調剤薬局の業界全体での競争激化や後継者問題 、そして診療報酬制度の改変によって収益の減少など年々厳しい状況が続いており今後もより厳しくなる傾向にあります

1. 調剤薬局の生き残りと収益拡大に向けて

2. 調剤薬局の譲渡、売却方法は?

3. 調剤薬局の譲渡・売却価格は?

4. 調剤薬局のM&Aでの注意点

5. 調剤薬局のM&Aを順調に進めるために

6. M&A仲介会社を選ぶ際のポイント

1. 調剤薬局の生き残りと収益拡大に向けて

 調剤薬局としては生き残りと収益拡大に向けて多くの調剤薬局が色々な努力を重ねている中で、M&A(合併・買収)の活用が今注目を浴びています。

 信頼できる優良企業からの支援が得られれば調剤薬局の生き残りと収益拡大の可能性が高まり、創業者利潤も獲得することができることからM&Aを検討する調剤薬局は年々増えています。

2. 調剤薬局の譲渡、売却方法は?

 経営者の高齢化や後継者不足などの事情から、経営している調剤薬局の経営権を譲渡・売却する動きも盛んになっています。

 その場合には事業譲渡やM&Aの仲介やサポートを専門に行っている会社を利用すると、短期間で希望する条件に近い買い手を見つけられる可能性が高まるでしょう。株式会社形式の調剤薬局も数多くありますが、譲渡や売却に関する諸手続きはそれを専門的に仲介・サポートしている会社に相談すると安心です。

 具体的な調剤薬局の譲渡・売却方法には、経営の支配権の移動を伴うものとして、合併、株式交換、株式移転、会社分割、事業譲渡、株式譲渡、新株引受などの方法があります。これらはまとめてM&A(狭義)と呼ばれます。

3. 調剤薬局の譲渡・売却価格は?

 調剤薬局の譲渡・売却価格は年商や個別の薬局の財務内容によって様々ですが、買い手との交渉を積極的に行って、可能な限り希望する価格で売れる可能性を高めると良いでしょう。

 これはあくまで一例ですが地方都市に数店規模で事業展開している調剤薬局の場合、1億円程度の価格で取引が成立するケースが多いです。

 しかし年商や財務内容以外にも買い手側の資金力などによっても成立価格が異なる場合もあるため、資金力を持った大手企業との取引も仲介できるM&A仲介会社のサポートを活用するのが良いでしょう。ただもちろん大手企業だからいつもベストな売却先だ、ということでは決してありません。

 全国的に多店舗展開している調剤薬局チェーンが、通常よりも良い条件で経営権を買い取るケースもあります。しかもこれまで働いてきたスタッフの雇用も守ることができる場合もあり、経営者に加えて勤務している薬剤師にとってのメリットも大きいです。

 そして大手の薬局チェーンが店舗を買い取ることで、社員の賃金や福利厚生などの勤務条件も良くなるケースもあります。

 一方で年商が3000万円規模の調剤薬局の場合には、良い購入希望者を見つけるのが困難なケースも多いです。大手チェーンに加えて開業を考えている薬剤師なども紹介してくれる会社を利用すると、スムーズに譲渡・売却作業を進められる可能性が高まります。処方箋の枚数が少ない薬局であっても診療所の近くの好立地であれば、独立開業を考えている買い手を見つけることも容易な可能性があります。 

4. 調剤薬局のM&Aでの注意点

 ただし調剤薬局のM&Aで注意しておくこともあります。

 安定性と将来性に恵まれたM&Aでも譲渡先の企業の選定を間違えてしまうと、かえってリスクがある場合もあります。

5. 調剤薬局のM&Aを順調に進めるために

 M&Aを順調に進めていくためには、いかに良いM&Aコンサルタントの支援を受けるかがポイントになってきます。M&Aを成功させるにはこのコンサルタントの働きが必要不可欠となります。

 まず大事なことは適切なM&A会社を選ぶことにあります。自分自身の希望と状況を考慮して一番適切な所を選ぶことがもっとも大事なことです。

 M&A会社は、投資銀行や証券そして銀行や仲介会社などの様々な業態が存在します。特に調剤薬局においては小規模案件が非常に多くなっていますので、M&A仲介会社がベストであると言えます。しかし仲介会社でも大手仲介会社など報酬が高いケースもあるため、調剤薬局の規模などを考慮して検討することが大切です。 

6. M&A仲介会社を選ぶ際のポイント

 適切な仲介会社を選ぶ際に重要なポイントがあります。それは調剤薬局業界の特殊性であり、専門用語及び許認可等業界の特殊性があることから、仲介会社のコンサルタントが調剤薬局の専門用語及び許認可等業界の特殊性を理解できていないとなると、話を進めて行くことがそもそも難しくなります。ですから、調剤薬局業界に精通したM&A仲介会社を選択することがベストになります。調剤薬局のM&Aや専門用語に詳しく許認可にも詳しい弁護士が経営するM&A仲介会社であればなお良いでしょう。

 また無料相談サービスが充実していることや成功報酬制を導入している点に注目するのが、調剤薬局の譲渡・売却をサポートするM&A仲介会社を選ぶ場合のポイントです。

 経営上の課題がある薬局店舗であっても、M&Aコンサルタントのアドバイスを活用すると、事業譲渡や売却を円滑に進めることが可能な場合がありますので、無料相談サービスなどを積極的に利用しましょう。

調剤薬局のM&AはM&Aフォワードにご相談ください

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

経験豊富な専門アドバイザーが契約成立までしっかりサポートします。完全成功報酬型で安心

調剤薬局の売却・譲渡をお考えの方はお気軽にご相談下さい

Mobirise

調剤薬局のM&Aをご検討中の方へ 主なサービス内容

M&A Matching Services

譲渡・売却先サーチサービス

 売り主のお客様に最適な譲渡・売却先候補を選定し、ご紹介します。

M&A Services

M&A仲介サービス

 売り手のお客様に最適な買い手候補を探しM&Aを仲介します。
 お客様にとって最適なM&A戦略の策定、アプローチ先選定、ファイナンシャル・アドバイザリー(FA)業務などM&Aの準備・検討段階の初期のフェーズから実行・クロージングまで総合的にM&Aをサポートします。

Consulting Services

企業価値向上支援サービス

 売り手側のお客様が本来潜在的に有している価値が外部的には評価できなくなっている場合があります。

 これらの強みを顕在化させ売却価格が不当にならないかチェックし、より正当な価格で売却が実現できるように支援します。

M&A Advisory Services

M&Aアドバイザリーサービス

 売り手のお客様側、もしくは買い手のお客様側に立ってM&Aアドバイザリーサービスを提供します。アドバイザリー形式での着任となります。仲介と異なり、売り手側か買い手側かどちらか一方の立場でファイナンシャル・アドバイザリー(FA)としてM&Aの助言を行います。

調剤薬局のM&Aに関するご相談は、M&Aフォワードへ

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

料金について

M&Aフォワードは「レーマン方式」と呼ばれる取引金額等に
下記の表にある料率を掛けて算出する成功報酬体系を採用しています。



 着手金もなく、中間金もなく、報酬そのものも一般的な価格を大きく下回ります。圧倒的に安心、低価格。安いからと言って妥協はありません。
 計算は、右の表に示すレーマン方式で行われ、総資産額ではなく譲渡価格のみをベースに計算いたします。

Mobirise

調剤薬局のM&Aは、M&Aフォワードへ

M&Aフォワード電話
事業承継・M&Aのお問合せ
会社・事業の売却額無料診断

お気軽にお問い合わせください

秘密厳守で対応します

オフィスへのアクセス

東京駅直結。お気軽にお問合せの上、お越しください。

© 株式会社M&Aフォワード
All Rights Reserved